なるほどですね。

作家とプロデューサーをしているみずけんのコラム

ミュージカル出演できる団体を探す時に注意したいこと

      2016/01/08

ミュージカルに出演したいという方へ

就活ミュージカルプロデューサーのみずけん(@mizukenww)です。

うちの団体にも

「ミュージカルやりたい!」

と連絡をくれる方が多数いるのですが、そこで毎回聞かれる質問や疑問に思う点にある程度共通したものがあったのでまとめておきます。

団体を運営されている方はこの情報を発信するようにし、またこれからミュージカルやりたいという方はこの点から見てみるとより自分にあった団体が見つけられるかと思います。

レッスン要素があるかどうか

ミュージカルによっては既にある程度の実力を備えて人を募集している場合があります。

通常はオーデイションで選ばれ、役がついたら稽古という形で「いかにその役を演じるか?」に焦点が当てられます。

そもそもの発声練習などに時間を割けないことが多いようです(劇団にもよりますが)

 

全くの未経験、これから学びたいという方はレッスンを実施てくれるとことろ選びましょう。

 

活動拠点はどうか

意外に無視できないのが交通費

本番の会場がある程度、遠いのはやむをえないですが、稽古場、レッスン場はできる限り近い方が良いでしょう。

定期などを使って毎回いくらになるのか?を一度、シミュレーションしておく必要があります。

費用で押さえておきたい点

費用が発生する多くのポイントは下記です。

・レッスン代

毎回のレッスンにかかるお金。月謝の場合が多い

 

・公演参加費

公演に立つための参加費。多くはこの参加費を払うことでチケットが何枚か付与され、その代金は自分で回収して良い

・チケットノルマ

あらかじめ定められたチケットノルマの枚数。達しない分は自分で買い取りとなる。

・交通費

レッスン、稽古、本番の会場はどこか調べておきましょう

・衣装

自前で用意する場合はここも費用となります。

 

他にも劇団によっては費用がある場合もあります。まずは上記の点を確認し、他にありますか?と尋ねるのが良いでしょう。

 - 未分類 , , ,